無料配信!広島ホームテレビ オンデマンド

ぽるぽる動画

【推奨ブラウザ】Firefox/Safari/Google Chrome/Microsoft Edge ※Internet Explorerは非対応です。

爆心地を語る

爆心地を語る
証言テープ④ 徳清広子さん

爆心地からおよそ330mにあった広島富国館(現・広島フコク生命ビル)で被爆。当時15歳で、館内にあった広島電信局に勤めていました。

爆心地の惨状を見た徳清さんは「思い出したくない」と言いながらも、当時の様子を気丈に語っています。
徳清さんの言葉からは写真やデータではわからない「8月6日」の様子が伝わってきます。

※掲載にあたりご本人やご親族、広島大学原爆放射線医科学研究所の許可を頂いております。

2017年8月 3日 公開

  • Facebook
  • LINEで送る
  • メール
JASRAC JASRAC許諾第9011458025Y45038号
ページトップへ
このページのトップへ